FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「スマートフォン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヴァルハラゲート

自分がまさかこういうソーシャルゲームにはまると思ってなかった( ゚Д゚)
きっかけは単純でお小遣いサイトの案件でこのゲームのチュートリアルを完了するとポイントがもらえるというもの。
それもけっこう高ポイントだからちょいちょいっとやってみたわけですよ。
そしたら「あれ、いけるやん」となり、すっかりはまってしまいました。
なんとか実費での課金はまだしてません、できればしたくないです。
というのもこれはGREEのゲームなので友達を紹介すると1500コインもらえます。
それを利用して親の分と親戚(この前きてたのでやってもらった)の分を合わせて4500コイン。
さらにアプリをダウンロードするだけでコインがもらえるというお小遣いサイトのようなことをやっていたのでそれで大体1000コインぐらい貯めました。
今ではすっからかんですがこういったゲームでプレイする以上この程度の課金では全く歯が立ちません笑

他のソシャゲはやったことないんで詳しくはわかりませんがこのゲームは比較的無課金でもけっこう強くなれます。
こういうゲームをやったことない人でも聞いたことくらいはあると思うんですがガチャというものがあります。
このゲームではレアガチャというやつ。
それを手に入れるためにはおよそ3つの方法があります。
・まさしく課金(1回300コイン)
・イベント
・ゲーム内通貨と交換
課金するにしても1回300コイン、コインなんて便利な言葉使ってますがようは300円です。
2つ目のイベントが一番レアガチャ券を手に入れやすいです。
これまたほかのゲームをやったことがないんでわかりませんがこのゲームは比較的イベントが多いような気がします。
一つのイベントにつき大体3~6枚くらいはもらえたりします。
3つ目がこのゲームの特徴だったりするのかな?
ゲーム内通貨と言ったらちょっと語弊があるかもしれませんがこのゲームではレアメダルと呼ばれるものがあります。
それを50枚集めると1枚のレアガチャ券と交換できます。
それって大変じゃないのって思うかもしれませんが思ったほど難しくないです。
ソシャゲにはつきものである合成、これを行うことにより必ずレアメダルがもらえます(合成したカードのレア度、合成結果によってもらえる量は変化します)。
つまりレアガチャ券を使って外れを引いたとしても合成素材にすればレアメダルがもらえ、50枚まで貯めればまたレアガチャ券をもらえるってことです。
さらに毎日行われる聖戦(ギルドvsギルドの戦い)でも何枚かもらえますし。

こういったシステムのおかげで課金したい!とまでは思わなくて済んでます。
ガチャイベントのときは課金したいなーとちょっぴり思いますけどね(>_<;)

この前ユーザー数が120万を超えたみたいなのでまだまだこれから人数が増えていきそうな気がします。
ちなみに私の今の聖戦の戦闘力は117000ほどです。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

iphoneの脱獄方法

今日はiphoneの脱獄のやり方を簡単に書いていきます。
わかりづらかったらすいません。

まず脱獄というのは改造のことを指します。
万が一iphoneが壊れる可能性も考えられるので、心配な方は絶対に行わないでください。
今回はiOS 5.0.1での脱獄方法を書きます。
なのでiOS 5.0.1未満の方はiTunesでバージョンアップしましょう。
自分のバージョンがわからないという人は、設定→一般→情報→バージョンより確認できます。
ちなみに現在iphone4Sでは脱獄不可です。(ipad2も不可です)

脱獄をする前に必要なものをダウンロードしてきましょう。
今回使用するツールはredsn0wというものです。

ダウンロードサイト。

マック版は下のほうにスクロールしていくとあります。
最新版でも問題ないと思いますが、ここではredsn0w 0.9.10b3での脱獄について書いていきます。

もうひとつ脱獄手順の中でipswファイルというものが必要になってきます。
ipswファイルというのはiOSのファームウェアのことです。

ipswダウンロード。 ←ここから自分に合ったものをダウンロードしてください。






では手順に入りましょう。

① ダウンロードしてきたredsn0wを起動します。
  『Jailbreak』を選択して次へ。
  次の画面はnextで飛ばしてもらってかまいません。

② 下の画面になったら、DFUモードに入らなければなりません。
DFUモードに入る方法は次のとおりです。
・パワーボタンとホームボタンを同時に押し続ける。
・しばらく押していると自動的に電源がOFFになる。
・画面が真っ暗になったところでパワーボタンを離してください。(このときホームボタンは押しっぱなし!

up184.png


③ 成功したら以下の画面になると思います。

up205.png

そしたら「Select IPSW」を選択し、最初にダウンロードしておいたipswファイルを選択します。

④次の画面に進むと4つの項目が表示されているかと思います。
「install cydia」にチェックを入れて次へ進みましょう。

⑤後はなにもしなくても大丈夫です。
自動的にインストールが始まります。
iphone側の画面には色々文字が並んでいることでしょうw
終わると自動で再起動されるので少々待ちましょう。
これで脱獄完了ですr(^ω^*))


お疲れ様でした。

これで改造アプリをインストールできますねー(*´∇`*)
これからも当ブログでは紹介していきますのでどうぞ見てくださいー。
ただ、iOS5はまだ使える改造アプリが少ないので注意してインストールしましょうね。



使えるアプリ紹介 その2

使えるアプリ紹介 その1


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

iphoneの使えるアプリ その2

今日はiphoneの使えるアプリ第2弾としてやっていきたいと思います。
今日は2つのcydiaアプリを紹介していきます。

まず一つ目。
・infinidock
このアプリはとにかく実用的ですね。
どういうアプリかというと、ホーム画面の下のアイコンの数を増やすことが出来るんです。
文字だけだと良くわからないと思うので画像で解説します。

あIMG_1144

この部分のアイコン数を増やすことができるんですね。
アプリというより追加機能といったほうがわかりやすいでしょうか。
ピンとこない方もいるでしょうか。
わかりやすく言うと、ページを横にスライドして次のページにいきますよね?
それと一緒で下のアイコンもページ数を増やすことができるわけですね。
下のアイコンって4つまでしか入らないのですがそれを最大10個まで増やすことができちゃいますヽ(‘ ∇‘ )ノ


そして2つ目。
・Asctocall
これは電話をかける時に使うアプリになります。
みなさんは電話する気もないのに間違って電話番号を押してしまい慌てて終了を押すことはないでしょうか?
例えば電話の履歴を見ているときに間違って押してしまったりと。
私は数回ありました。
そんな時のためのアプリ。
誤って電話番号を押してしまっても、確認画面がでます。
確認画面が出るので間違って押してしまっても心配ありません。
これでかけまちがいもなくなるはずです!
ぜひ導入して欲しいアプリですね。


ここまで3つのアプリを紹介してきましたが、というかまず改造ってどうやるのって人が多いと思いますので次回は脱獄の仕方を書きたいと思います。
それに加えcydiaアプリのインストール方法まで細かく書く予定ですので、脱獄してみたいという方はそちらの記事を見ていただければ光栄です。
それでは今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

iphoneの使えるアプリ

長らくお待たせしました。
ようやくこの記事を書くことができました。
「ihponeの使えるアプリ」紹介!

まずはじめに。
みなさん脱獄というものをご存知でしょうか?
わかりやすくいうと改造ということですね。
今回私が紹介するのは改造したiphoneでしかとれないcydiaアプリというものです。
iphoneの改造については別記事にて書きますのでお楽しみに。


画像つきの詳しい記事を書いていくので初心者の方もじっくり読めばできるはずです。
では記念すべき第1回目のアプリ紹介。

・Activator
このアプリはですね、簡単に言うとボタンに役割を割り振ることができるアプリです。
でもiphoneにはボタンは3つしかありませんよね?
ホームボタンと音量の上げ下げボタン。
ここでいうボタンは他にもいくつかあります。
画像を見ながら解説しましょう。
IMG_0405.png

これが起動した画面です。
常時起動というのはロック画面でもホーム画面でもアプリをしてる最中にも設定した役割を発動させることができるということです。
その他のアクションより以下は気にしなくてもけっこうです。

じゃあたとえば何ができるのか?
ということになるとおもいます。
なので今回は使い方のひとつを紹介します。
みなさんはカメラの起動を早くしたいとおもったことはありませんか?
ガラケーとちがってボタンひとつでカメラを起動できるわけでもないし、数多くのアプリからカメラアプリを探さなければならない。
そうこうしている間にシャッターチャンスを逃すなんてことも。
そうならないためにすぐカメラを起動させることもできるんです。
まずはさきほど紹介した常時起動から進みます。
今回はわかりやすくするため「シェイク」でカメラを起動できるようにします。

IMG_0408.png

「シェイク」とはiphoneを振ることですね。
シェイクをタップするとこのような画面がでてくるはずです。

IMG_0410.png

未設定になっているのでカメラアプリを設定しなければなりません。
下のほうにスクロールしていくとおそらくデフォルトに分類されているはずですので、カメラアプリを見つけたらタップして割り当ててください。
そうするとこうなるはずです。

IMG_0409.png

そしていったんホームボタンを押してホーム画面に戻ってください。
そこでシェイクしてみましょう。
どうでしょう?
カメラが起動されたはずです。

このようにさまざまな役割を割り当てることができるとても便利なアプリです。
cydiaアプリを入れていくうちにactivatorの活躍も広がっていくはずです。
自分なりにカスタマイズして使いやすくしてみてください!

わからないことがあったり聞きたいことがある人はコメント欄にお願いしますm(_ _)m




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スマフォの実情

記念すべき2012年初のジャンル記事はスマートフォンにしました。

まずはじめにみなさんスマートフォンの普及率をご存知でしょうか?
2011年12月ごろの統計によると【約12%】だそうです。
思ったより低いですよね。
しかし20歳~35歳の間の割合は4分の1以上のユーザーがスマートフォンを所持しているらしいです。
いかに若者に人気かわかりますね。
2つ折携帯(俗に言うガラケー)は携帯会社のラインナップからどんどん縮小されているという現実。
ガラケーが好きな人はこれからどうすればいいんでしょうね。
果てにはスマートフォン一色になってしまうんじゃないでしょうか。

私自身はiphone4を使用していますが1年間使ってみて思ったのはガラケーの方が自分には合っているということでした。
そんなにアプリを使ったりしないしネットはパソコンで十分だし。
でも確かにtwitterや動画を見たりするのはスマフォ楽ですね。
今のうちにガラケーを買わないともう手に入らなくなるのではと心配してます。
でも2年契約しているので今年の10月まで機種変できません(TωT)

以前記事にしたdocomoがiphone販売に参戦というものはどうやらないようです。
auのときと違いdocomoの社長が否定していますからね。
真相はわかりませんがdocomoが参戦しなければいけないほど追い詰められた状況でもないと思うので私はないんじゃないかと思います。


明日はスマフォ(iphone)の使えるアプリなんかを紹介します。
お楽しみに(●´ω`●)ゞ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
フリーエリア
rうぉいhろ こんな感じの↑ネームプレート作成の依頼を受け付けています(^0^ゞ こちらからどうぞ~
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
しょぼーん(´・ω・`)
ドル箱
入会してくれたらうれしいなー(*´∇`*)
あずさ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。