スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

生涯の中でベストソングを研究してみる その2

さてさて前回の続きをやっていきましょか。
まずは「楓」の歌詞の全文を見てみましょう。


歌:スピッツ 作詞:草野正宗 作曲:草野正宗

忘れはしないよ 時が流れても
いたずらなやりとりや
心のトゲさえも 君が笑えばもう
小さく丸くなっていたこと

かわるがわるのぞいた穴から
何を見てたかなぁ?
一人きりじゃ叶えられない
夢もあったけれど

さよなら 君の声を 抱いて歩いていく
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

探していたのさ 君と会う日まで
今じゃ懐かしい言葉
ガラスの向こうには 水玉の雲が
散らかっていた あの日まで

風が吹いて飛ばされそうな
軽いタマシイで
他人と同じような幸せを
信じていたのに

これから 傷ついたり 誰か 傷つけても
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

瞬きするほど長い季節が来て
呼び合う名前がこだまし始める
聞こえる?

さよなら 君の声を 抱いて歩いて行く
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

ああ 君の声を 抱いて歩いて行く
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

ああ 君の声を…




長くなりそうなので続きは追記にします。
読みたい方は以下からどうぞ。
まずはさらっと読んでみて歌詞にどんな印象を受けましたか?
〔別れ〕〔決別〕〔未練〕
などが伝わってきますよね。

しかしいつも思うんですが作詞している草野正宗さんは天才ですね。
スピッツはいろんな曲があるけど曲調も構成もバラバラで歌詞も深い。

正直わからない(正宗さんしか真意がわからない)フレーズもあるのでここからはすべて私なりの解釈です。
歌詞というのは不思議で読み手によって色々な解釈があるから面白いですよね。
それでは読み取っていきます。

忘れはしないよ 時が流れても
いたずらなやりとりや
心のトゲさえも 君が笑えばもう
小さく丸くなっていたこと


まずはAメロですがこの時点で失恋の曲であるような印象を受けますね。
ここはストレートに大切な彼/彼女との別れ、そしていつまでも君のことは忘れないと語っています。
君の存在が私にとっての心の負担や苦悩を楽にしてくれていたようです。

かわるがわるのぞいた穴から
何を見てたかなぁ?
一人きりじゃ叶えられない
夢もあったけれど


Bメロ。
私がこの「楓」の曲の中でも最も好きなフレーズのひとつです。
かわるがわるのぞいた穴=思い描いていたお互いの未来のことだと思います。
一人きりじゃかなえられない夢=君がいなくなった今叶えることは出来ない。
しかしここにはもうひとつ意味が隠されているのではないかと思いました。
それは一人で叶えられる夢もある、ということです。
それは何かわかりませんが、君がいなくなっても私は自分の夢を叶えるために頑張るといった意味もあるのではないかとふんでます。


さよなら 君の声を 抱いて歩いていく
ああ 僕のままで どこまで届くだろう


そしてサビです。
ここはちょっと切ないですね。
君がいなくなった今、私は君との思い出を抱いて未来へ向かっていく。
私は君に頼らず一人でどこまでやれるんだろうか。
うーんこの歌詞からはどうしても寂しさが感じられます。
ですが同時に私一人でもやってみようといった決意も少し感じられる気がします。
おそらく君に頼っていた私がいるんでしょう。
そこから決別しようとしているんじゃないかと。
1番が終わりましたが私(りあるさん)の印象としてはやはり寂しさ、未練だけの曲ではないように感じます。
失恋直後の曲だと思われるので当然寂しさ、悲しみは伝わりますが、随所に一人でやってみる、やっていきたいなどの心情も読み取れます。
それでは2番にいってみましょう。

探していたのさ 君と会う日まで
今じゃ懐かしい言葉
ガラスの向こうには 水玉の雲が
散らかっていた あの日まで


2番Aメロ。
2番は歌詞自体抽象的なフレーズが多く読み取るのが難しいです。
個人個人に解釈の差が大きく出ると思います。
探していたのは一体なんなのか、ということですが、日本語的には「言葉」がその答えですね。
じゃあ一体その言葉とはなんなのか。
君と会う日まで探し続けていた、だがいつの日か忘れてしまっていた。
おそらくここでいう言葉とはセリフなどではなく、心情のことだと思います。
「私にぴったりな人と一緒になりたい」「私と気の会う人と出会いたい」
つまり要約すると君と出会えたことが幸せでした、ということ。
なんだか遠回りな言い回しですね~。
いやまあ他にも解釈はたくさんあると思うので一概に言えませんが。
そして後半部分ですがこれまた難しい。
ガラスの向こう=自分の心。
水玉の雲=楽しい思い出や幸せな気持ち。
あの日まで=別れる日まで。
私はこういう風に解釈してます。
一番難しいのはあの日までというフレーズです。
あの日とは正確にいつを指しているのかわかりません。
一番有力だと思ったので別れた日をあげましたが、他にも〔大喧嘩してた日〕〔相手が冷めていることに気づいた日〕〔自分が冷めてしまった日〕など。
ここで感じるのは別れを切り出したのは私自身であることも否定は出来ません。可能性は低いですが。
先ほどのサビでも述べましたがおそらく私は君に頼りすぎていたので、そんな環境を変えるため(君の負担を減らすため)私自身が別れを決断した可能性もあります。
もしそうだとすればホントに強い人ですね。
自分を犠牲にして相手には違う幸せを見つけて欲しいという思いが込められている気がします。(あくまで仮説ですが)

風が吹いて飛ばされそうな
軽いタマシイで
他人と同じような幸せを
信じていたのに


2番Bメロ。
風が吹いて飛ばされそうな軽いタマシイ=未熟な私。
なんだかこのBメロを読み取ると先ほどの仮説が有力になっていくような感じがします。
まあ未熟な私を君が付き合いきれなくなって、君から別れを切り出したっていうのが最有力であることは間違いないんですけどね。
まだまだ子供で頼ってばかりな私のことを比喩しているようです。
後半部分は歌詞どおりだと思います。

これから 傷ついたり 誰か 傷つけても
ああ 僕のままで どこまで届くだろう


サビです。
これから 傷ついたり 誰か 傷つけても=君ではない人と付き合ったりすること。
なんだかこの私はすごくポジティブですね。
君との別れの直後でありながら未来を思い描いてるわけですから。
やはりこの歌詞は未練などを強く描いてるわけではなく次に向かっていこうというプラスなことも多く含まれている歌詞なんだとこのフレーズからも伝わってきます。
後半の部分では君に頼らず(君との思い出に支配されず)に私自身がんばっていけるのだろうか?という多少の不安も綴られています。

瞬きするほど長い季節が来て
呼び合う名前がこだまし始める
聞こえる?


一番解釈が難しいフレーズであるCメロです。
どうしてもこのフレーズからは未練などが感じられます。
瞬きするほど長い季節=別れてからたくさん時間が過ぎていって。
呼び合う名前がこだまし始める=君との思い出が蘇ってくる。
聞こえる?=君も感じるのかな?
一人でも(君がいなくなっても)やっていきたいと思っているがまた君との思い出に支配されてしまうのではないかという不安や未練。
やっぱり仮説はあながち間違いではないような気がしてきます。
仮に君から別れを切り出されているのであればこういった言い回しにはならない気がします。
私から別れを切り出したからこそ、別れた当初は毅然と次へ向かっていこうと思っていたが、これから時間が過ぎやはり君のことを忘れられない気がするといった心境。
それを決定付けるのが最後の『聞こえる?』というフレーズ。
君から別れを切り出されているのであれば最後のフレーズはなくてもいいようにかんじます。
まあ別れを切り出した側が後に未練を感じるパターンもありますが...。
なんだかややこしくなってきたのでまとめます。
私の仮説としては別れはこの歌詞の語り手が切り出した、しかし時間がたっていって君のことを忘れられないかもしれない、あなたはどう感じるのかな?という不安やちょっとした期待を書いたフレーズだと思ってます。

さよなら 君の声を 抱いて歩いて行く
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

ああ 君の声を 抱いて歩いて行く
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

ああ 君の声を…


さあラスサビです。
あー切ない...。
ここは何度聴いても悲しいです。
ですがやはり君との決別を歌っています。
前フレーズで未練を語っていましたが、今の私は君との思い出などを胸にしまって一人で頑張っていこうといった気持ちを表しています。
〔君の声を...〕というフレーズ3回繰り返しているところがミソだと思います。
君と過ごした日々は本当に幸せだった、君がいないとダメだった、だけどそれだけじゃ君の負担になる。
君との思い出を今だけは強く思い出しながら私と付き合ってくれてありがとう、本当に幸せでしたといったことを思っている。
同時に決別、私一人でもがんばってみるよという気持ちも表している。

うん、切ない、切なすぎる。
こうやって書いていて私も寂しい気持ちになってしまった笑
でもやっぱり恋愛ってすばらしいですよね。
さまざまなことを経験できる貴重なことだと思います。
やはり人の気持ちは流れていくものでそれこそ運命や縁がなければ大好きな人とずっと一緒にいることは出来ないですよね。
時には傷ついたりします、苦しみもあります、だけどそれでも人間は誰かに恋をするんです。
他人を好きになるって、それだけで小さな幸せですよね。
私はこの曲を聴くとまた誰かを好きになってみようという気持ちになります、させてくれます。
前向きにいろんなことに挑戦してがんばってみたいと思えます。
恋ってすばらしいね♪


以上で考察は終了ですがいかがでしたか?
最後にもう一度言っておきますがあくまで私の解釈なのであてにしないでください。
あなたなりの解釈もあると思います。
そうやって色々な解釈や意見があったほうが面白いですし。

というわけでスピッツ「楓」の歌詞考察は以上です!
またお気に入りの曲を考察してみようと思うのでその時をお楽しみに。
それでは(/・∀・)
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
フリーエリア
rうぉいhろ こんな感じの↑ネームプレート作成の依頼を受け付けています(^0^ゞ こちらからどうぞ~
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
しょぼーん(´・ω・`)
ドル箱
入会してくれたらうれしいなー(*´∇`*)
あずさ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。