スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コンフェデレーションズ杯

いよいよというべきか、ようやくここまできました。
アジアカップを制した2011年からすでにこの大会への切符は勝ち取ってました。
今ではW杯の前哨戦として世界の強豪国と自国の差を計れる絶好の大会です。

今回日本が入ったグループは開催国でありサッカー王国ブラジル、EURO準優勝国イタリア、北中米カリブ選手権覇者メキシコとまさしく死のグループに入りました。
もうひとつのグループはEURO優勝国であり前回W杯優勝国スペイン、南米選手権王者ウルグアイ、オセアニア選手権覇者タヒチ、アフリカ選手権覇者ナイジェリアとなってます。
でも実際のW杯でも死のグループに入ることはないとは言えないのでプレ大会でこういう経験が出来ることはよかったと思います。
今の日本代表には上との勝負が不可欠だと思います。


そして今日(現地時間は昨日)、日本はブラジルとの開幕戦に臨みました。
結果はご存知の通り0-3の完封負け。
しかしこの程度の点差では語れないほど実力の差を感じてしまいました。
正直全てのレベルにおいてブラジルのほうが上で一番の強みでもあった連携面でもかなり遅れをとってました。

今回はセンターFWを置かないいわゆる0トップのような形をとり前線の4人が流動的にポジションを替えてるように見えました。
まあフォーメーションは別にいいんですが選手が固定化されすぎなのではないかと思いました。
ザック監督はこの大会が終わったらメンバーを白紙に戻すと語っていましたがW杯まで1年を切っているのであまり大きな変化はない、というか出来ないと思います。

そして試合開始直後の前半3分、ネイマールの豪快ボレーシュートでいきなりの失点。
あんなシュート打たれたらどんなキーパーでも止められないです。
でも問題はその前でしょう。
ネイマールにチェックが入ってなかった、完全にフリーでボールを受けていたので迷わずシュートを選択できた。
シュート自体はネイマールがすごかったで済みますが、防げないゴールじゃなかった。

いきなりの失点でしたがブラジル相手に2失点程度は予測してたはず。
なんとかそこから立て直して攻めて欲しかったのですが、中々させてもらえず。
ブラジルの守備は堅いです、中盤のプレス、特に本田、香川へのマークはきつく前が向けませんでした。
さらにブラジルの守備陣はワールドクラス、日本の得意なサイドからの攻撃もほぼ出来なかった。
中央の本田が執拗なマークを受けてる以上サイドから揺さぶるべきだったが肝心のSBの攻撃参加が出来なかった。
ボールを左右に散らしてもサポートがおらず結局パスコースがなくボールをロスト、そこからのカウンターが目立った。
対してブラジルのSBは必ず攻撃参加、厚みのある攻撃を展開してきた。
ボールが奪われるとすぐさま守備へもどる、その間中盤の選手がボール保持者にプレスして時間を稼ぐ。
いかにSBがサッカーにおいて重要か再認識した試合だった。

前半で日本がゴールへ迫った場面は2回ほど。
1回目は本田のFK、2回目はクロスからの本田のボレー。
しかしどちらもあと少しという感じではなくもしかしたらというレベル。
対するブラジルは何度も日本ゴールを脅かし、あと少しのシュートが何本もあった。
前半で0-3くらいになっててもおかしくなかった。

後半が始まったと思いきやまたもいきなり失点。
右サイドからの速いクロスにパウリーニョがトラップからシュート、確かにトラップからシュートまで早かったが決して止められないシュートじゃなかった、あの場面は川島のミスだとおもう。
後半はほとんど日本の場面はなかった。
中央は執拗なマーク、全体へのプレス、サイドへボールを出されたら複数でチェック。
日本はボールをキープすることなんか出来ずあわててパスを出してはミス。
確かにピッチの状態はあまりよくなさそうだったけどそれはブラジルも同じ条件。
ブラジルは攻撃のバリエーションが豊富だった。
特にネイマールとフッキの両サイドは圧巻。
2人でマークについても剥がされる。
見ていて思ったのが日本の選手は少し当たられたらすぐ転んでた。
なんか情けないなと感じてしまった...。
さらに攻撃の緩急がすごい。
一気にいくときはいって、ゆっくり攻めるときはボールを回して。
セットプレーの種類もたくさんあったし、そこらへんも全然違うなと思った。

結局後半ロスタイムにもダメ押しの1点を献上し0-3の完敗。
なにも出来なかった、てか何もさせてくれなかった。
ブラジルの自信をつけさせるために試合をしたような感じ。
収穫はひとつだけ。
「世界とかいってられないレベル」
残念だけどこれが現実です。
でも私は落胆し失望するだけなのは間違ってると思います。
日本サッカーはむしろこれからだと思う。
まだまだ世界とはこれだけの差がある、まして相手は優勝候補ブラジル、相手が悪かったといえばそれまで。
日本の選手が一人ビッククラブに移籍するだけですごい騒ぎになるレベルの国ですからまだまだ世界と戦うためには足りないものが多いでしょう。

もうひとつ感じたのは日本の選手の競争力や危機感。
あまりよろしくないプレーをしても次の試合も出してもらえる、確約されたかのようなレギュラー。
それは本田にも香川にも長友にも言えます。
技術的には匹敵する選手がいないかもしれませんが、それでも調子が悪かったら替えるだとか、若手を使うだとかしなきゃいけないと感じます。
日本人の特性である保守性はサッカーにおいて致命的ですね。
今回の大会は負けても失うものはない、ならばもっともっとチャレンジしてもよかったはず、多少の失点は覚悟で打ち合いになってれば面白かった。
今回チャレンジできなければ本大会でも出来るはずがない。
次のイタリア戦ではもっともっとチャレンジしていく試合がみたいです。
このままチャレンジせずずるずる負けるようではなにも得るものがない大会になってしまいます。
そして他国は思うでしょう。
「日本は安牌」と笑
実際今日の試合を見てイタリアは日本戦で多少手を抜いてくるでしょう。

次の試合はもう少しチャレンジしていく姿が見たいです。
がんばってほしいです。
全力で応援します。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
フリーエリア
rうぉいhろ こんな感じの↑ネームプレート作成の依頼を受け付けています(^0^ゞ こちらからどうぞ~
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
しょぼーん(´・ω・`)
ドル箱
入会してくれたらうれしいなー(*´∇`*)
あずさ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。