スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

お小遣いサイト

もう冬なんですね。
北海道はかなり寒くなってまいりました。
さっきお風呂に入ったら肌のヒリヒリ感から季節が変わったんだなとわかりました。
私はとても敏感肌なので季節の変わり目になると必ず肌がかゆくなったりするんですよね。
通学もめんどくさくなってきますね( ・_・)

さてさて、今日は私もいくつかやってるお小遣いサイトについて書きたいと思います。
お小遣いサイトってなんだ?って人はグーグル先生にでも聞いてみてください。
ざっくりここで説明すると、そのサイト内にある案件(他サイトへの無料/有料登録や商品購入など)を達成することによりポイントがもらえ、そのポイントを現金やネットマネーに交換してもらうという仕組みのサイトです。

まず始めにこのお小遣いサイトって時間を割いてまでやる価値があるの?って思ってる方。
以下の条件でもやりたいって人向けだと思います。

・毎日とは言わないけどコツコツできる人。
・月500円~1000円でもいいから欲しいっていう人。

最低でもこの2つです。
とにかくコツコツやることが大事です。
私も毎日はやってません(面倒だし毎日やらなくても全然いい、その理由はのちほど)。
大体1週間に1回か2回サイトをのぞく感じ。
2つ目の条件がすべてと言ってもいい。
こういうサイトを紹介しているブログ等では月○万円稼いでます、とか書いてますが9割が釣りです。
じゃあ残りの1割は?というとある方法で稼いでいると思われます。
厳密にいうと1割もいないとは思いますけどね。
ある方法とはズバリ友達紹介です。
友達紹介とはその字の通りで誰か他の人をそのサイトへ勧誘することによりポイントがもらえるというもの。
大体1人紹介すると100~500(イベント時にはもっと)くらいもらえます。
さらにその紹介した友達が稼いだ分の10~50%ほどがもらえます(その友達から引かれるわけではない)。
じゃあ間をとって友達が稼いだ分の30%をもらえるとしましょう。
仮に100人紹介したとして、一人当たり平均で1000ポイント稼いだとしましょう。
そうすると1000×30%×100人=30000ポイント(サイトによってポイントは変わりますが)
つまり当人がなにもしなくても勝手に増えていくというわけです。
以前友達紹介ランキングというのを見てみると1位の方は確か○千人だったと思います。
もうそこまでいくと不労所得ですよね笑

だからこぞってブログで取り上げ、自分は月何万円も稼いでるんだよと言い張り(本当に稼いでいる人もいると思いますが)人間の欲につけ込むわけです。
つまりはこの友達紹介の仕組みを把握し、気づいたものが早かった順に多くを稼げるわけです。
結局は世の中の縮図のようなものですね。
なんか言ってて悲しくなってきましたがw

私のブログでも右側にドル箱というサイトのバナーを貼ってましたが結局一人も登録してもらえませんでしたね笑
というかそもそもドル箱というサイトはハピネスだかにサイトが変わりましたしもう意味ないんですけど(・_・。)

あ、でも始めたばかりの人ならばひと月数万円は稼げます(成人以上限定ですが)
まさしくクレジットカードを作ればOKです。
カード関連の案件は1件につき1万ポイントとかあるので、自己責任で大量に作ればひと月で数万円は行くと思います。
解約するのを忘れないように。

以上を読んでなおやりたいって人はハピネスとかモッピーがおすすめですよ!
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
フリーエリア
rうぉいhろ こんな感じの↑ネームプレート作成の依頼を受け付けています(^0^ゞ こちらからどうぞ~
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
しょぼーん(´・ω・`)
ドル箱
入会してくれたらうれしいなー(*´∇`*)
あずさ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。